TAG

「新聞紙」

に対する評価や口コミ、感想など

#紅蘭

紅蘭さんのマネージャーの服に「こんなダセェ服売ってるのか」と言いながらウイスキーをかける

紅蘭さんの週刊新潮の記事。

これをみてまだRYKEYがHIPHOPだとかREALだとか曲はかっこいいから聞くなんて言う奴いるの?

嫁さんが破水してもシカト。ペットのカーターにも暴力。紅蘭さんのマネージャーの服に「こんなダセェ服売ってるのか」と言いながらウイスキーをかける。

ハッキリ言ってクズ。

#シンドラ

映画公開前には10月の日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」枠とHuluでそれぞれオリジナル物語が放送される新たな試みも

Sexy Zoneの佐藤勝利さんが映画「ブラック校則」(11月1日公開、菅原伸太監督)に主演。共演は、今作がスクリーンデビューとなるKing&Prince・髙橋海人さん。映画公開前には10月の日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」枠とHuluでそれぞれオリジナル物語が放送される新たな試みも。《スポーツ報知》

#Aぇgroup

【スポニチ・日刊スポーツ】 関ジャニ∞安田章大(34)が舞台「忘れてもらえないの歌」(10月15日初日、東京・TBS赤坂ACTシアター)でジャズバンドのボーカル役として主演する。バンドのメンバー役で「Aぇ!group」佐野晶哉(17)らが共演。 #関ジャニ #安田章大 #エイト #Aぇgroup #佐野晶哉 #ジャニーズJr

【スポニチ・日刊スポーツ】
関ジャニ∞安田章大(34)が舞台「忘れてもらえないの歌」(10月15日初日、東京・TBS赤坂ACTシアター)でジャズバンドのボーカル役として主演する。バンドのメンバー役で「Aぇ!group」佐野晶哉(17)らが共演。
#関ジャニ #安田章大 #エイト #Aぇgroup #佐野晶哉 #ジャニーズJr

#日本

演じてくれた俳優全員に感謝」「いま日本を救うのはマスコミだよ 言葉だよ」等の感想も満載。

朝日朝刊に #新聞記者 の全面広告。「知らないことをたくさん知りました。信じるかどうかは自分で」「今だから見る意味がある映画。数年後に配信で、なんて思わないで劇場で」「作ってくれた監督に感謝、演じてくれた俳優全員に感謝」「いま日本を救うのはマスコミだよ 言葉だよ」等の感想も満載。

#pripri

2017年を代表する傑作アニメ「プリンセス・プリンシパル」の再放送が7月から始まるので未見の人向けに極力ネタバレを回避しながら猛烈にお勧めする為に作品の概略図とおすすめポイントをまとめてみたよ

2017年を代表する傑作アニメ「プリンセス・プリンシパル」の再放送が7月から始まるので未見の人向けに極力ネタバレを回避しながら猛烈にお勧めする為に作品の概略図とおすすめポイントをまとめてみたよ。
見て絶対に損しない作品なのでこの機会に見て欲しい!
#pripri

#Qさま

▽6/22(土)「世界一受けたい授業」 道枝駿佑 ▽6/24(月)「Qさま!!3時間SP」 福本大晴 ▽6/26(水)「有吉大反省会2時間SPウソつきアイドル祭り!!」 草間リチャード敬太 小島健 ハンバーガー嫌いを公言していた草間は「実はハンバーガーが大好き」と打ち明ける

▽6/22(土)「世界一受けたい授業」
道枝駿佑

▽6/24(月)「Qさま!!3時間SP」
福本大晴

▽6/26(水)「有吉大反省会2時間SPウソつきアイドル祭り!!」
草間リチャード敬太
小島健
ハンバーガー嫌いを公言していた草間は「実はハンバーガーが大好き」と打ち明ける。同じグループの小島健も登場し真相を語る

1年

7月24日に特集番組「2020スタジアム(仮)」8月28日に特番出演するほか

嵐が、NHK「東京2020オリンピック・パラリンピック放送」スペシャルナビゲーターに就任。大会期間中は各種競技場や同局特設スタジオで生の迫力、感動を伝える役割を担う。7月24日に特集番組「2020スタジアム(仮)」8月28日に特番出演するほか、来年1月から毎月放送予定。1年がかりで五輪を盛り上げる。

#ハムレット

ストレートプレイ(歌唱なしの演劇)も初挑戦。 ハムレットの恋人役に南沢奈央、母親役に安蘭けい

📰サンスポ
Sexy Zone 菊池風磨
「HAMLTーハムレットー」舞台単独初主演。

9月8日〜10月6日 東京グローブ座で上演。
大役のオファーに菊池は「喜びもありましたが、何より驚きが大きかった」と興奮。ストレートプレイ(歌唱なしの演劇)も初挑戦。
ハムレットの恋人役に南沢奈央、母親役に安蘭けい

@shounantk

下痢を想起させる描写に脚本を変えさせたのは原作を尊重せず傲慢かと 「インタビュー全文を読め」と言う人には「原作を読め」と思う 映画は観ない

「空母いぶき」の原作の首相は、現場の自衛隊員を信頼し、味方だけでなく敵国兵士の生命まで苦悩する姿が描かれている。ストレスで嘔吐の場面があるが、下痢を想起させる描写に脚本を変えさせたのは原作を尊重せず傲慢かと

「インタビュー全文を読め」と言う人には「原作を読め」と思う

映画は観ない